ドリルを売るには穴を売れ

ドリルを売るには穴を売れ
佐藤 義典 (著)


新人のマーケティング担当者が、メンターのコンサルタントの
指導やヒントで、閉店寸前のイタリアンレストランの
売り上げを上げる為に、マーケティングの知識を学び、
実践していく物語したてのストーリーです。

顧客からのベネフィット
セグメーションとターゲット
差別化
4P
とくに勉強になったのは3つの差別化戦略で
手軽軸 商品軸 密着軸でどれに絞るかが重要です。

マーケティング、営業に関わる人にはお勧めです。
わかりやすく読みやすいです。

この記事へのコメント
こんにちは。
この本読みました。
わかりやすく基本が書かれ、
テンポよく、飽きずに読めるストーリーでした。
TBさせていただきます。
Posted by ikadoku at 2007年06月07日 11:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ドリルを売るには穴を売れ
Excerpt: ドリルを売るには穴を売れ佐藤 義典 (2006/12/23)青春出版社満足度★★★正統派マーケティング入門書です。ですから、目新しい理論や手法は登場しませんが、基本を押さえ、体系的にわかりやすく書かれ..
Weblog: 活かす読書
Tracked: 2007-06-07 11:20

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。