世界一ずる賢い価格戦略

「価格設定の仕組みについて学べました」
(2012/07/18)By 山神さん

価格設定には、いろいろな要素があって、
これまでは、最終的に競合他社の商品や
サービス内容と比べて価格設定をしていました。



ですが、価格を構成する要素を分解し、
顧客の選び方、商品・サービスの差別化、
プロモーション方法など、様々な側面から
価格設定に必要な要素を解説してくれる良書でした。



既存商品でも、新規の商品・サービスでも
応用して使える内容だと思います。
=================================================

本の詳細はこちらから。

こちらをクリック


山神さん、ありがとうございます!


「値決めは経営である」

そう言ったのは京セラ創業者の
稲盛和夫氏です。

単に売るため、注文を取るため
といった営業だけの問題ではなく
経営の生死を分けるほど
重要な仕事だということですね。

実際、商品やサービスの価格を
いくらにするか?という問題は
経営者の頭を常に悩ませますよね。

本書の著者、ダン・ケネディによると
価格設定で失敗してしまう場合には
いくつか理由があると言います。


=================================================
1. 「本にはこう書かれていたから」
「業界の常識としてはこうだから」など
なんらかの「基準」にとらわれている。

2. 競合他社の価格を怖がりすぎている。

3. 価格しか見ない顧客を取り込もうとしている。

4. 「この値段でないと買ってもらえない」
と初めから決めつけている。

5. どんぐりの背比べのような
価格競争から抜け出せていない。

6. 他社との差別化が図れていない。

7. 顧客に「高くても買いたい」を
思わせる付加価値が提供できていない。

8. 経営数学を知らない、
または正しく理解できていない。

9. 自分にもビジネスにも自信がない。
「もっとできるはず」という
気持ちが持てていない。
=================================================


これらはほんの一部ですが、
価格設定で悩んだ時は、
どれかに当てはまっていないか
チェックしてみるのも
いいかもしれませんね。


「世界一ずる賢い価格戦略」の
詳細はこちらからご覧いただけます。

こちらをクリック


Preface 価格、利益、力、富の関係
-この本を読めば億万長者も夢ではないワケ

Part1 世界一ずる賢い価格戦略(理論編)

Chapter1 価格戦略の落とし穴に落っこちるな
Chapter2 その値下げ、ほんとに必要?
Chapter3 その値下げ、見返りはある?
Chapter4 「無料」というガン細胞
Chapter5 さあ、無料との戦いに乗り出そう
Chapter6 「無料」で戦うときの3つのステップ
Chapter7 「ありふれた考え」を捨て去ろう
Chapter8「差別化」の持つ力
Chapter9 BtoBにおける価格戦争-最後に笑うのは誰?
Chapter10 価格と製品の鎖を断ち切る
Chapter11 「買わずして買っている」の持つ力
Chapter12 価格弾力性のヒミツに迫る
Chapter13 効果的な5つの価格提示メソッド
Chapter14 狙うはニッチとサブカルチャー
Chapter15 「連想の原理」が成功を生む
Chapter16 不況という落とし穴から抜け出すために

Part2 世界一ずる賢い価格戦略(実践編)

Chapter17 さあ、実際に値決めをしてみよう
Chapter18 前払い制のすすめ
Chapter19 悪徳まがいの儲け術-こんなのあり?
Chapter20 値下げ中毒社員に気をつけろ!
Chapter21 誰の意見を採用する?-価格戦略の4人の審判
Chapter22 不況下での価格戦略

Part3 世界一ずる賢い価格戦略(サンプル編)

Chapter 23効果的な広告サンプル
- マーズ夫婦に学ぶ、価格戦略の上手なアピール方法とは?
こちらをクリック

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。